salon smileの活動日記♪

岡山県倉敷市でツ・ナ・ガ・ル アロマトリートメント 宇宙の話しています♪

友だち追加

所有できる主体がない

この肉体も

感情も

思考も

感覚も

 

個人のものではない。

 

という言葉は何度も聞いた。

 

でも、感覚的に

個人が主体の自我は

小さな私(自我)が

全体(真我)になるんだと思ってしまう。

キャラクターがプレイヤーになる…

 

でも、実は

大きな私も何も所有していない。

所有がないから全てであり

自由。空っぽ。

 

 

 

平安

すでに満たされていて

何も求めていない。

 

それが

ソレ。

 

本質。

 

そこには

満たされている誰かもいないんだけど。

 

満たす器が元々ない。

満たされるという概念がない。

 

一つのエネルギー

自由なエネルギー。

 

何も求めないから至福で平安。

 

なんか、真我とか全体って

言葉で表現すると

こーゆー表現になるよね😂

 

詩的っていうのかな笑

 

愛、平安、至福、歓び、無限

 

表現は色々

だけど

言葉になると

その言葉から想起されるものは

個々人で違ってきてしまう。

 

神と表現すれば

もっと誤解を生むかもしれないですね。

神回

よくさ、ラジオとかテレビとかで

神回と言われる回あるじゃないですか。

ラクル的にオモロイというか…

 

あれね、

講座とかしててもあるんだ。

 

まぁ、その裏には

神回とそうじゃない回を

判断してるじゃねーかって話になりますが😂

 

喋り手になった事がある人は

みんな経験していると思うんですけど

 

たくさん、笑ってくれるとか

たくさん、頷いてくれるような

グッドリスナーがいる時は

かなりいい話が出来て

マル秘情報まで喋っちゃったりする

みたいな事が起こります。

 

もちろん、質問の内容によって、

話の流れが変わったり…ね。

 

この辺が一期一会。

同じテキストなのに内容が変わるんですよね…。

 

それを私がコントロールしてるわけではないし

生徒さんがコントロールしてるわけでもない。

 

偶発的に起こる神回。

 

こういう時は大体、時間を早く感じたりします。

 

きっと、講座に限らず

普段の会話の中でも

皆さん、体験されていると思います。

 

見かけ上の他者との交わりの中で起こる化学反応!

これが感動の瞬間💕

 

世間からズレる

先日は13の月の暦レクチャー最終日でした。

 

カレンダーを使いこなす事が

重要なのではなくて

「世間のリズムからズレてくださいね」と、最後にメッセージしました。

 

グレゴリオ暦の画一的で機械的

競争のリズムから

 

自然の調和のリズム。

 

力を入れる事から抜く事へ。

 

作為から無為へ。

 

そんな感じになってきたら、

自然と時間の豊かさは

感じられてくると思います。

 

現に、転職などしなくても

暇になった人、多数…😂

 

人に負けないように…

未来に備えて…

後悔してるから、人生大逆転したい…

◯◯な人だと思われたい

 

みたいな自我的な思いが

減れば減るほど

余分な行動が減って

楽になるんです。

 

そんなに頑張らなくても

ちゃんと生きていけますよ🤗

 

ちょっと手綱を緩めてみてくださいね💕

存在していないと言われたら?

あなたという個人は存在していないよ

 

って言われたら?

 

嬉しい?

悲しい?

腹が立つ?

怖い?

意味わかんねぇー?

 

実際に存在しない自我は

色んなところで

お互いに存在を確認しながら生きている。

 

認められたい

褒められたい

から始まり

 

不幸な私だとしても

存在感がなくなるよりいい。

 

自我はドラマが大好き😘

 

私、私、私を

消したくない私。

 

もしくは

「私」が苦しみなら

私を消そうとする私。

 

爆笑しかないよね😂

 

自我が真我を探してるんじゃなくて

真我が真我を探してるんだ。

 

f:id:lightningsmile:20180810095711j:image

パンパスグラスとハスが手に入りました。

お盆っぽいですね(*˘︶˘*).。.:*♡

 

実は

 

個人がいない

とか

わたしがいない

 

という表現より

 

あなたは流れそのものですよ

 

という表現のほうがしっくりきています。

気づき

固定された人格を持った私はどこにも存在しておらず

 

選択も行動も

自動的に起こる。

 

原因と結果…

 

例えば

今ここにいる原因は

自分で作っただろうか?

 

遡れば

個人のレベルでどうこう出来る話ではないことは明らか…

 

そして、

人によって見方が違う事は真実ではない。

 

好き、嫌い

暑い、寒い

若い、老いている

 

見方によって

ストーリーが展開していく。

 

真実ではない世界に没入していく。

 

…今日の気づきでした🤗

 

 

超訳 般若心経

https://blog.goo.ne.jp/namagusabose/e/1363557e73e6884844b962479e30c1a2

 

雲黒斎さん

相変わらず秀逸ですね。好きです!

途中

氷の例えがあります…

 

「仮に『氷』を見てみよう。

氷は『実体』をもってそこにあるのではなく、『状態』としてそこにあるんだ。

氷が溶けて、その実体を失うのではなく、最初から実体はなく『空っぽ』だ。

『氷がある』は、『氷という状態がある』と言う方がより正確だね。」

 

「私」が氷(肉体)なら

変化していくものを認識することは出来ないよね。

この主体ではない 幻のわ、た、し😊