ヒーリングサロンsmileの活動日記♪

岡山県倉敷市プライベートアロマトリートメントサロンしています

友だち追加

レッスン30まできました

奇跡のコース ワークブック続いています😊

続いていることが奇跡!!w

 

レッスン30まで、うーんと思う日もありながら、

とりあえず1日1レッスンずつ進んできましたが

 

30の今日は今までで一番

なんか、難しいというか、抵抗があるというか…

なかなかできない。

 

明日、次に進むか

もう一度レッスン30を繰り返すか…

 

どーしよーかなぁー

と思っていたら、

 

たまたま見たYouTube

「自分を責めずに、優しくありたいですよね。

進むか進まないか心地よいように選んだらいいと思います」

 

とメッセージが来て…。

 

聖霊

わたしが思っているよりも

ずっとずっと優しく導いてくれてるんだなぁと思いました。

 

本などを読んでも

行き詰まってる箇所の答えがちょうどあったりします。

 

直接の声でなくても

色んな形でサポートしてくれている聖霊さんに感謝です😇

 

ワークブックは心の訓練で

今までの知覚をひっくり返すので

 

抵抗も起こって当然ですね。

 

筋トレし始めて

今まで使った事がない筋肉を使って

疲れたようなそんな感じです。

 

「訓練されていない心は

何事も成すことが出来ない」

 

コースのこの言葉を思い出しつつ

次に進みます😊

 

 

天満屋 華展

明日より2日間 25.26日。

岡山天満屋にて

出展しております。

https://www.tenmaya.co.jp/webchirashi/okayama/01459/html5m.html#page=1

 

f:id:lightningsmile:20200224221106j:image

本日、生け込みして参りました。

ベテランの皆さんには技術的に

とても敵わないですが

 

素敵な花器の出会いと

この時期にはなかなか手に入らない桃。

(お花屋さんは季節先取りなので)

使われていた方がほとんど居られなかったので、楽しんでいただけたら幸いです。

 

手伝ってくれた家族。

 

先輩門下生…。

そして、先生!

 

色んなパワーを頂きながら、

なんとか、ここまでさせていただきました。

 

桃をいけながら、

幸せを感じました😇♥️

 

愛が歩いている

今日は短いですが

香咲さんの本より

インスピレーションをいただいた言葉を

ちょっとわたし流にまとめます😊

 

何かのヒントになれば幸いです♥️

 

聖霊ホーリースピリット)が

わたしたちの身体を使うなら、相手に愛を表現するために使います。

 

歩くとき、トイレに行く時でさえ、

愛がそうします。

愛のために歩くのではなく、

愛が歩いている。となります。

 

エゴの目的で身体を使って、

自分をアピールする必要もないし

頭の良さをアピールする必要もないし

脚線美をアピールする必要もありません。

 

 

私たちは

自分を社会に適合させるために生きているのではありません。

自分の心のスピリットの天国を地上で表現するために

生きています😇

格闘

投影のしくみを

教えてほしいとリクエストがあり

 

奇跡講座入門 ケネスワプニック著を参考にまとめています。

 

その中に書かれてある事として、

「このコースは天国へ到達するための唯一の道ではないと「コース」自体が明確に述べていると言う点です。

それはなぜなら普遍的なコースのうちの1つの形態に過ぎないと言っています。

コースはすべての人々のためのものではありません。

そうであると考える事は間違っています。

すべての人々のためと言うようなものは存在しません。

私の考えでは、この世界にもたらされた道の中でもこのこそ確かにかなり重要なものだと思いますが、全ての人々のための道ではありません。

このコースが自分に適した道ではない場合には、聖霊が別の道に導いてくれるでしょう。

もし誰かがコースに本当に馴染めなくてコースと格闘した後、自分がそれを学べなくて落第したと感じるとしたらそれは間違っています。

そのような事はコース自体を教えようとしていることと正反対のことです。

このコースの目的は人々に罪悪感を抱かせることではありません。

全くその逆です。

しかし、これが自分の道だと感じられる場合は、格闘しながら進んでいくだけの価値があります。」

 

…ということで

格闘しながら

進んでますwwww

 

また

こんな記述もあります。

「コースを学んでいる途中で、この本を窓から投げ捨てたり、誰かに向かって投げつけたしたくなる時期を通らないとしたら、その人はおそらく、コースをちゃんと学んでいないと言うことになると思います。後からもっと詳しくお話ししますがその理由を簡単に言えば、このコースは私たちが普通に信じている事の全てに真っ向から対立するからです。コースを学んでいる途中で、この本を窓から投げ捨てたり、誰かに向かって投げつけたしたくなる時期を通らないとしたら、その人はおそらく、コースをちゃんと学んでいないと言うことになると思います。後からもっと詳しくお話ししますがその理由を簡単に言えば、このコースは私たちが普通に信じている事の全てに真っ向から対立するからです。」

 

今のところ

投げ捨て…www

 

ては、いませんw

 

 

本物の赦し

コースで言う赦しとは

自我が言う許しとは違います。

 

ここからは

「この宇宙は夢なんだ」から引用しますね。

 

「自我のニセの赦しっていうのは

こんな感じだ。

『世界は実在している。だから、罪も実在している。そして君は罪を犯した。

でも僕ってすごく善良な人間だから、君の罪は咎めないことにしてあげる。

だけど、本当は君は有罪なんだから、

そのことを忘れちゃダメだよ。』」

 

「対照的に聖霊の真の赦しはこんな感じになる。

 

『世界は実在しない。だから、罪も実在しない。僕はこれらの有罪性のシンボルの夢を見ている。

でも本当は僕らはみんな1つの存在で、みんな無罪なんだ。僕は今、この聖なる瞬間に聖霊の力につながって、時間と言う神聖な三位一体を越えて、自我の罪悪のシンボルを咎めずに見る。そうすれば、僕の罪悪感は溶けてなくなる。』」

 

 

うーむ、

ここだけピックアップすると分かりづらかったかもしれませんね…。

 

前提が

分離はない

この世界は存在しない

 

という事なので

 

実際、罪を犯した人などどこにもいない。

あなたもわたしも無罪である

ということですね。

 

自我が有罪判決を下ろしながら、

相手を許します…(苦しいけれど)

ではないということです⭐️

お互いに罪を実在するものとして見ながら、

苦しみから解放されることはないわけです。

 

ここが分離を前提とした

心理学を超越する部分です😊

 

「赦すとは、あなたが兄弟にされたと思っていることは実際には起こっていないと認識することだ。

それは罪を免じる事によって対象をリアルにする事ではない。

罪などないと見抜くことである。

その見方のなかで、あなたのすべての罪が赦される。」

 

 

不死というあなたの現実

ゲイリーRレナードさんの

「神の使者」の続編である

「不死というあなたの現実」を

読んでいます。

 

コレは!!!と思う箇所があり

手帳にもメモしましたが

 

自分への覚書としてブログにも

記載しておきます。

 

「思考が決定するのは人生の経験であって、人生に何が起こるかじゃない。

かたちのレベルで何が起こるか(どのくらい長生きするか、金持ちが貧乏か、心臓病や脳卒中やガンになるかならないかなど)は、すべて生まれ出る前に決まっている。

形而上学的レベルできみたちはエゴを選んだ瞬間に全てが決まってしまうんだ。

だから人生は公平じゃないんだよ。

だが、なぜなんて聞くなよ!

私がたった今言ったのは、きみの思考がきみの経験を決めるし、大事なのはきみの経験だという事なんだから。

 

この世で君が持つ唯一の真のパワーは、エゴと聖霊のどちらかを選択するかと言うことだ。

そのプロセスで聖霊が時間を崩壊させることによってきみの時間の次元が変化し、

決まった設定の範囲内で異なる脚本が展開するとしたら、それはおまけだと思わなくちゃいけない。

時間の崩壊については、すべての人にとって何が最善かは聖霊だけが知っていることを思い出すことだ。

時間については「彼」に任せておきなさい。

全てを知っている者に任せておけばいい。

君が病気で赦しを選択することで症状が変化するとしたら、

それもおまけの恩恵だと思うことだね。

本当の目的地は天国だが、短期的な目的地は平和であり、すべての痛みやこの世界で何が起ころうとも、きみの症状がどんなふうに見えようとも、すべての痛みと苦痛を終わらせる事は、君にも十分に学べる。

それが罪悪感、痛み、苦しみ、死と言うエゴの脚本に対する聖霊の回答だ。」

 

さて、明日は

コースのいうところの

真の赦しとは何かについて

書こうと思います😊

すべては愛とは?

コースのいうところの愛。

さぁ、愛ってなんだろう??

 

エゴには分からない代物です😆

ケネスワプニックさんの

「奇跡講座入門」を読んで

頭での理解ですが

あぁぁぁー、なるほどと思った箇所です。

 

「攻撃はどれもみな、

助けを求める呼び声か、

愛を求める呼び声かの

どちらかなのです。

 

聖霊によれば

世界中のあらゆる人やものについて

下せる判断は二つしかありません。

 

それは

「愛の表現」か

「愛を求める呼び声」か

二つに一つです。

この他に可能な選択肢はありません。

 

このように考え始めると

この世界に生きることは

非常にシンプルなこととなります。

もしも誰かが私に愛を表現しているなら、

私もその人に愛を表現する以外にどんな応答ができるでしょうか?

 

もし私の兄弟姉妹が、愛を求めて呼びかけているとしたら、

その愛を与えること以外にどんな応答の仕方があるでしょうか?

 

ということは

私たちが何をしようと

世界が私たちに何をしているように見えようとも

私たちの応答は常に、愛による応答となる、ということです。」

 

 

なるほどー

と、思うけど

エゴにはこんなことは出来ません。キッパリ!!

攻撃されれば防衛し攻撃し返すでしょう。

直接、攻撃しないにしても

誰かに自分がいかにかわいそうか、

自分がいかに間違っていないかを

認めてもらい、賛同者を得る行為にでるかもしれません。

もしくは、自分が至らなかったと

自分を責めるかもしれませんね。

 

聖霊の目、キリストの目になり

すべてを愛として応答するなら、

確かに愛に溢れた世界を体験することに

なるんだろうなぁと想像しました。

 

わたしは

まだエゴの視点しか分からないので

机上の空論のような

シェアですが

 

違った視点で見える世界が

あるかもしれないと思うと

この世界に

別の扉が開く気がしませんか?

 

聖霊の目で今までの人生を

振り返ると

オセロゲームのように

すべてが愛にひっくり返ると

聞いた事があります。

 

確かに

エゴ視点で

傷ついた出来事、傷ついたあの人の言葉…

 

というのが「愛の表現」もしくは

「愛を求める呼び声」で

すべては愛だったんだーー

となるのかもしれません♥️